11/30の「からふるスタディ」、「光る芸術」を体験

2016年11月30日、今年度8回目となる「からふるスタディ」を実施しました。「からふるスタディ」とは、今年度からスタートした、指導員の得意分野を生かした一斉授業です。

今回のテーマは「光る芸術」です。「光」をテーマにした空間芸術を得意とする作家ダン・フレヴィン。千住博の日本画とライトアートを融合した作品『NIGHT FALLS』。和代人平さんが制作したGLAYの『春までは』のPVなど、光をテーマに扱う作家・作品を絵画作品から映像作品まで幅広く紹介しました。蛍光灯を使う作家を紹介する際には10月の工作でランプシェードを作ったので、そのことにも触れつつ、説明しました。

s1340018

10月の工作「ランプシェード」

その後4グループに分かれて、それぞれ1枚の黒い紙に蓄光シールを1人30枚ほど自由に貼り、光る絵画作品を制作しました。グループごとに作品を発表し簡単な講評会をしました。電気を消すとシールが光り「星みたい!きれい!」と歓声があがりました。皆さん完成した作品に達成感を感じているようでした。

s1380003

 

 

web2s1380033

(指導員 岡村)