来年2月の「そうなんだ祭」に向け準備に拍車、今回も「あゆみの箱」に助成申請

勉強レストランそうなんだ!!の文化発表会「そうなんだ祭」は、年一度の一大イベン。今年2月26日に開催した第3回は、公益社団法人あゆみの箱から初めて助成受けて盛況裏に終わりましたが、来年2月10日の第4回に向けて早くも準備に拍車がかかっています。第4回も、あゆみの箱の助成を期待して助成申請を済ませています。
そうなんだ祭は、当法人に所属している幅広い年齢層の知的障害者の方が集い、“一人一人が主役”となって、勉強レストランそうなんだ!!で学んだテーマを発表したり、好きな物語や詩を朗読したり、あるいは練習している歌や楽器演奏を披露する発表会です。
本年度のそうなんだ祭を前回以上に充実したものとするため、8月14日に、前回のそうなんだ祭の中核となった当法人講師会を開催、内容や運営方式などの基本方針を検討するとともに、今年から「そうなんだ祭実行委員会」を新たに設置することを決めました(詳細は同講師会の模様を伝えるブログ参照)。
続いて8月31日に、そうなんだ祭実行委員の第1回会合を開催、以下6点を議論しました。
①そうなんだ祭当日に向けて今後準備しなければならない事項の確認
②参加申込書作成者の決定
③全体企画の担当者割当
④そうなんだ発見教室参加者の企画担当者検討
⑤第4回の予算及び収支見通し
⑥今後の実行委員会の招集日時の決定
などで、次回の実行委員会は10月14日に決定しました。
10月14日の実行委員会では、以下4点議論しました。
①当日までの仕事の担当者割当
②当日の仕事の担当者割当
③全体企画の内容検討
④発見教室企画の内容検討
第3回の実行委員会は11月11日、第4回の実行委員会は12月1日の予定です。
前回のそうなんだ祭は、あゆみの箱の助成金が大きな助力となって実施できました。次回は前回以上に充実したそうなんだ祭の実現に向け、法人スタッフ、講師、学生一同邁進します。是非とも御協力のほどお願いします。(小松 慧)